5分で分かるエスピック

共生の社会の実現を目指して半世紀
 エスピックは、今年で51周年を迎えました。
この半世紀、IT技術というツールを使って、企業や社会の発展に貢献し、人が幸せになっていく社会を実現するために日々歩んできました。
「Good People Company」の理念のもとに、お客様や社会にとって本当に価値のあるITサービスを、これからも創り続けていきます。
男女の区別はありません
 エスピックの男女比は7:3。IT業界の中では平均的な割合かと思います。
サブリーダー職の中に8名、リーダー職の中に5名、取締役に1名の女性がいます。今は、管理職の女性社員はまだまだ少ないですが、将来の管理職候補者の育成にも力を入れています。
男性だから、女性だから…ではなく男女区別なく仕事ができる会社です。
重要なのは人間力
 IT業界で働く人=理系出身ではありません。仕事をしながら、誰が文系・理系出身社員かなんて気にすることはありません。
IT業界の技術は日進月歩です。
今、どんな技術や知識をもっているかが重要なのではなく、重要なのはこの先の学ぶ意欲、仕事をするうえでのコミュニケーションスキル、そして人間力です。
エスピックの採用面接官は、あなたが文系出身だなんて少しも気にしていませんよ。
若手・中堅社員が多い会社です
 エスピックの平均年齢は32.3歳。
十数年前より、新卒採用メインで採用活動を行ってきているため、若手・中堅社員が多い会社です。若い世代が多いですが、ベテラン社員たちが、これまでのエスピックを支え、発展させてきたからこそ、今日のエスピックがあります。
今度は、若手・中堅社員がこれからのエスピックを発展させていく番です!
入社3年後の定着率は82.8%
 エスピックの平均勤続年数は8.7年。
ここ十数年の採用が新卒採用メインのため、この勤続年数になっています。
ちなみに、入社3年後の定着率は82.3%。(2016年4月入社実績)
勤続年数は毎年徐々に伸びてきています。
残業時間は年々減少
 エスピックの月間平均残業時間(管理職以上除く)は、14時間。
働き方改革の前から労働時間の削減に取り組み、会社全体の残業時間は年々減少しています。
忙しさの度合いや繁忙期は、担当するプロジェクトにより様々。
毎日定時に帰宅できるプロジェクトもありますし、納期が近くなると、残業が増えるプロジェクトもありますが、会社全体で生産性の向上を目指しています。
 
有給年間平均取得率は58.5%
 年間の有給休暇付与日数は、1・2年次:12日、3年次:13日、4年次:15日、5年次:17日、6年次:19日、7年次以上:20日
そのうちの年間平均取得日数は、10.8日となっており、全体での取得率は58.5%(2018年度)
病欠で使うなんてもったいない!
ぜひ有意義に休暇を取得してもらいたいということで、有給取得を促す制度も増えています。アニバーサリー休暇やリフレッシュ休暇、有休奨励日などがあり、取得率70%を目標に取り組んでいます。
 
既婚の女性社員も大勢活躍
 若い世代が多いため、既婚率は32.6%です。
社内結婚・社内恋愛も多く、今後も既婚者は増えていく傾向にあります。
ちなみに、子供がいる社員の割合は24%
社員旅行などの行事では社員の配偶者や子供たちも大勢参加して、みんなで楽しみます。
仕事も大事。家庭も大事。
 女性社員の育児休業取得率は100%!
産育休に入る女性社員はここ10年で大幅に増え、現在も6名の女性社員が育休を取得しています。(既存女性の産育休取得者はのべ24名)
男性社員も育児休暇を取った実績があります。
「仕事も大事。家庭も大事。」
そんな社員みんなのライフワークバランスをサポートできるよう、制度をもっとしっかり整えていきたいと思っています。
業務外の活動も活発!
現在、会社公認の部活動は8つ
【野球部・フットサル部・テニス部・バスケットボール部・軽音楽部・R&B(ランナーズクラブ)・釣り部・バドミントン部】
非公認では数知れず。
【バレー・ゴルフ・麻雀・読書部etc...】
社員の家族や内定者、もと社員が参加することも。
業務後や休日に、有志が集まり活動しています。