社員紹介

佐々木優美 2013年入社 日本女子大学 理学部 卒業

○入社の決め手

佐々木写真
Good People5箇条『相手の幸せこそが自分の幸せと感じる人』に自分も合っていると思えたから!
内定を頂いた時に社員の方々が拍手をして下さったことが凄く嬉しかったから!

○入社後に感じたギャップ

プログラミング未経験の私にも多くの仕事を任せて下さったこと。
新人は雑用ばかりというイメージを持っていましたが、
配属4ヶ月で詳細設計、製造、単体テスト、結合テスト、保守の5工程を経験させて頂きました。

○今までのキャリア

入社後2ヶ月は新人研修でVB.NETとSQLをメインとした新人研修を受けていました。
配属後はプログラマーとして開発・テストを中心に行っています。

○現在の担当業務

私は大手小売店向けの伝票入力システムの開発を担当しています。
配属1ヶ月目は各画面のレイアウトを作成しました。
2ヶ月目は各画面のコーディング、帳票のレイアウト作成、単体テストをメインに行いました。
3ヶ月目は単体テストの他に1画面だけ詳細設計を担当しました。
4ヶ月目は各画面、バッチ間の流れを確認する結合テストを行いました。
厳しいスケジュールの中、先輩方がたくさんのことを教えて下さいました。
中でも担当するシステムの業務フロー、データフローを頭に叩き込んでから作業に取り掛かることで
作業効率が上がることは本当に痛感しました。

○一日のタイムスケジュール

9時 サーバー5台の定常監視。慎重に且つ迅速に行っています。
10時 設計書やテスト項目書を一通り眺めて仕事のペース配分を考えます。
12時 同期とランチ♪トークが弾んでなかなか食べ終わらないです笑
13時 午前のペースを振り返ってから作業に取り掛かります。
15時 少し休憩を取って再び仕事に集中します。
17時 上司に進捗報告。詳細設計や製造のフェーズではレビューもして頂きます。
19時 進捗が良ければ退社します♪良くないときはペースを上げて頑張ります。

○仕事のやりがい・魅力

佐々木写真
仕事の魅力は「ありがとう」と言われる回数が多いことです。

私は配属後、ずっと社内勤務のためお客様にお会いしたことがありません。そのため、配属当初はどこで仕事のやりがいを感じるのか疑問に思っていました。しかし、日が経つごとに同じプロジェクトの方々と頻繁にコミュニケーションを取ることと、チームワークの重要性を痛感しました。コミュニケーションを取る際に一番頻繁に飛び交っている言葉が「ありがとう」だと思います。そして「ありがとう」は私が言われて一番嬉しい言葉がであるため、言って頂くたびにやりがいを感じます。
私も「ありがとうございます」は頻繁に言うように心がけています。

仕事の面白味は『答え』が分かった時です。特にコーディングをしていると壁にぶつかることがあります。悩んでいる時間は苦しいですが、処理が実行するための『答え』に辿り着けた時は本当に嬉しいです。苦しみから一気に解放されます。
私が学生時代に理系に進んだ理由の一つは、数学や化学の問題を解いていて答えに辿り着いた時の快感がたまらなかったことです。
社会人になってからもあの快感を味わえるとは思ってもいませんでした。

○忘れられないエピソード

お客様が自社にいらっしゃって私たちが作ったシステムを動かしている様子を見た時。
システムの親になった気持ちでちゃんと動いてくれることを祈りながら遠くから見守っていた気がします(笑)

○今後の目標

多くの方から信頼されるSEになりたいです。そのためには技術をしっかり身につけることはもちろんですが、担当するシステムの業務フローを理解することに力を入れてユーザー目線に立てるようになりたいと思います。 また、後輩を気遣えるSEにもなりたいです。先輩方が私を助けて下さったように、後輩の面倒はしっかり見てあげたいです。

○社内で尊敬している人

佐々木写真
上司のTさん:いつもニコニコしていて凄く話しやすい方だから。お忙しいのに質問するといつも丁寧に教えて下さって助かっています。またTさんの席には年次関係無く多くの方が訪れていることが人柄の良さを物語っていると思います。